Feed on
Posts

都知事選②

石原慎太郎氏が続投ですね。やだー!って人、周りにいっぱいいます。ゲイやヲタクはその偏見を許さなくて当然だし、市場は築地がいいよぉ!原発にNO!と言えよ!って人も多い。みんな自分の意見を持って、今回の選挙に臨んだ。いいことだ。

私も「歌舞伎座は銭湯みたいだから取り壊し!」って言われた時は、えーーーーっ!なにあの人!最悪っ!と思いました。もちろん例えばであって、この事だけでもないですよ。だから今回だって、石原氏の後を任せられる人がいたら、何よりだった。でも、私はそういう人を見つけられなかったですね。嫌だから、って理由だけで、他の誰でもいいとは思えない。

歌舞伎座の一件は、「江戸文化滅亡の危機!」と本当に悲しかった。でも、そこをあきらめてもいい、と思えたのは石原氏が「認証保育所」を作った過去があったから。認証保育所ができたのはいまから10年くらい前の事なので、息子はもう中学生だったし、自分自身の生活にその恩恵があったわけではありません。でも、自分の子育てが終わったから関係ない、という問題ではないよね。私のように夫もなしで子供を持ち、働かなくてはならない女性は絶対になくならないし、地方に比べたら仕事も多い東京であれば、働くお母さんはどんどん増える。認可保育所はいっぱいだし、0才から預かってくれるところが増えたら、働くお母さんはとても助かるよね、よかった!と思いました。

「歌舞伎座が好きだったけどそっちがあったからさー」とお茶飲み話の最中に友人に言ったら「でもさ、今回のような時古い建物はやはり危ないよね」って言ってた。それを聞いて新しい歌舞伎座を楽しみにしよう!とすごく思ったし、今も地震ですごく揺れて(帰国後の私にとって、今のが一番大きい)、思い返せば、構造計算書偽造問題(耐震強度偽造事件)から8年。「もし地震が起きたら?今住んでいるところは大丈夫なのか?」とみんなが考えたあの事件の3年後だよね。東京都耐震改修促進計画(10年間)は。すでに「6割は終わっている」と猪瀬副知事は言っていた。国がインフラの予算を削っても、東京都は増やした。「いまやってることを続けるだけだ」と石原知事は言っていた。そうです。やり遂げるべき善きことがいくつもあります。『「NO」と言える日本』を説いた人なのだから、都民のNOもしっかり聞きながら、高齢の御身大切に頑張ってもらわなくては困りますよ。

恋愛に例えれば、全てを好きだと言える男に出会ったことはないし、今の男のここがいやだから誰でもいいや、と我が身を任せることもできない。超タイプと出会って人生狂うのも悪くないかしら?と思うがしかし、周囲に迷惑はかけたくないや。


タイプと言えばリヴァー・フェニックスが生きていたらこうなったのかい?と思うSATCのスミスことジェイソン・ルイス。こちら雑誌で見つけた、SATCにてスミスを使った例の広告案(byサマンサ・ジョーンズ)の本物。ウケる(言うまでもないと思うけど、これはジェイソン・ルイスではないぞよ)。

 

 

Comments are closed.