Feed on
Posts

シゲこと、NEWS加藤成亮君主演の舞台「6月のビターオレンジ」観にいきました。前半のテンポ好きでしたねー。舞台上の役者と大道具のローテーションが気持ちよく、笑いへの流れも気が利いてます。後半はエピソードとサプライズがポイントなのでテンポが変わります(胸きゅん!)。高円寺を知ってる人にはちょっと笑えるとこあります(マニアックなんで、今のとこ誰とも共有できてないんですけどね)。ネタばれ避けるため、細かいところ書けないんですが、ばかばかしさがキュートなお芝居です。面白かったので、東京公演の後半マチネでもう一度行く予定です。


物販のスクラップノートとプログラム。
橙(ビターオレンジ)の写真を削ると香ります。
スクラップ&スクラッチ(削る)なんですねー?(ですねー)。

Comments are closed.