Feed on
Posts

高木壮太さんはツイッターで知人がフォローしていて知った人です。日常が川だとしたら、その川底のカッパの国に暮らしているんだと思います。邪気と邪悪と邪美と邪キュートに溢れた、才人です。その高木壮太さんの監督作品 「RAWLIFEとその時代」をこの手のマブダチ川勝と観にいきました。ドアタマからその邪才に笑いっぱなしでした。終了後、川勝は「素晴らしいコントだ・・・」と深く何度もうなづいていました。私は映画の冒頭のたったひとつの真実を今も心でつぶやいています。「カルチャーとサブカルチャーの境は消え・・・」。

独立記念日のような感動でした。今後、己の邪才を愛でましょうとも。ちなみに私と川勝は整理番号一番と二番でした。

Comments are closed.