Feed on
Posts

お練り

日曜だけど早起き。なぜなら私の贔屓、中村勘太郎丈が、2月の「勘九郎襲名披露」を前に、雷門から浅草寺まで「お練り」を行うからです。せっせと着物を着て、家を出たのは九時。「お練り」スタートは10時45分。友人とは現地10時半待ち合わせだけれど、出来うる限り早く現地入りしたいのは、ファンとしては当然。結果、雷門に向かって右手、風神側の最前列にて、お祝いを申し上げる光栄にいたりました(群衆の最前列で「勘太郎さん、おめでとうございます!」と叫ぶだけのことよ笑)。当日はおめでたい襲名にふさわしく、鳴物の山車、木遣り、浅草芸者衆も加わっての華やかなお練りでございました。では、写真を追って「我が人生50のおもひで」となりますひとときを振り返ってみましょうぞー!


スカイツリーが見えてきた!♪いま!大切な時間どんどん近づく〜♪


人力車の後ろの広告。浅草は今や、中村屋のホーム然!


雷門に到着〜


最前列で待つ事およそ一時間。「誰がくるの?」「何があるの?」という、今日を「単なる普通の日曜日」としてこの地に訪れた人々に「勘九郎さんになる勘太郎さんがお練りをするんですよー」とおせっかいをやいたり、栃木から朝8時に来たという隣のファンの人と話して暇をつぶしていると、徐々に始まりのムードが周囲に漂ってきます。


まだかな〜と反対側かみなり食堂の窓を見上げれば、中村屋の家紋である角切銀杏(すみきりいちょう)を背中に抜いた半纏を来た人らが見える。やがて勘三郎さん、七之助さん、勘太郎さんの姿が窓のむこうに。おーーーいよいよ、来るぞ〜!


(窓に寄ってみました。このブラインドの下りてるとこに、つめていらっしゃった模様)


出ていらしたところはビデオに撮っておりましたもので、写真は飛んでこちら!勘太郎さんですっ!!!!!!


すっごい報道陣!


手を振っています♡


お父様の勘三郎さん、弟さんの七之助さんも並びます。


そして、中村屋になくてはならない大事なお方、勘太郎さんを育ててくださった小山三さんの登場で、ファンの盛り上がりは最高潮に。


愛さんのお姿も見えます。


最初のご挨拶が終わり、向きを変える皆様。



6代目勘九郎丈。(勘太郎さん、おめでとう)


雷門をくぐり、仲見世から観音様へと「お練り」スタート。


きれいどころもお伴。粋ですねぇ。


さすがに、仲見世の人垣に割り込むのは不可能なので、大黒家で腹ごしらえ。


仲見世に戻ってきたら・・・


ちょうどひな壇でお披露目中!


「タイミングばっちり!ラッキー!」盛り上がる我々。「おみくじひこう!」。私は近頃のおめでたい様々な事柄を思い浮かべ(ようし、ここでとどめじゃ!大吉!)と思いきや、なんと人生初の凶!びっくり!


災い転じて服と茄子、おっとじゅんぺーの好きなものだわ笑 いやもちろん→福と成す。私の人生訓。見事に凶得て、来年は大きく転じることまかりなし。しっかり結んで、観音様にお預け。めでたしめでたし。


勘太郎さんの勘九郎襲名披露は、新橋演舞場の「二月大歌舞伎」(2月2日~)、平成中村座「三月大歌舞伎」。私のお楽しみはまだまだ続く〜♡

Comments are closed.