Feed on
Posts

仕事が終わらなくて
財布を会社に忘れて
電話の電池は4%で
月曜からニューヨーク
落ち着けーーーー!

と昨夜Facebookの近況に書いたところ、皆さんからコメントをたくさんいただきました。こんなにコメントをいただいたのは、すごく久しぶり。感動です。ありがとうございます。

私はこの近況のあと、携帯電話紛失騒動も起こしており、周囲の皆さんには大変ご迷惑をおかけしました。ここからお詫びさせていただきます(すいません!)。

さて本日Facebookでお知らせした96969のニューヨーク・プロモーションですが、昨年の秋、渋谷区の芸術祭に参加させていただいたあたりから彼らの芸がとてもよくなってきて、今年も月末には渋谷芸術祭で何やらあれこれやるみたいですし、2月にはホーム(ライヴカフェのオープン)も出来ますし、渋谷からますますどんどんハッピィエナジーを飛ばしていこうという、弊社の気合いの結果です。

ここにたどり着くまで、いろいろな事や想いがありました。たぶんうまく言えません。近頃、とても無口なのです(はぁ?嘘だねー、という人もそりゃいるでしょう)。

とにかく、あの日です。日本が地震と津波でめちゃめちゃになったあの日。社員達はみな、何時間もかけ、徒歩で家まで帰りました。私の家は渋谷区で会社から徒歩20分のところ。皆の避難所にすることができるはずでした。が・・・できませんでした。

私が日本にいなかったからです。

*****

「帰って家族を大切にしてあげてください」。これは、世界平和のためになにをしたらいいか?と問われたマザーテレサがお答えになった言葉です。

私にとって家族とは親族だけでなく、渋谷に創ったふたつの会社に関わるすべての人と友人たちのことです。「家」で「家族を大切に」することこそ、私が生かされている意味だと思います。50歳をすぎて、全財産をほぼ投入してのカフェと新会社のオープンは、リスキーかもしれません。でも、渋谷で会社をやり、渋谷に住んで、あの日渋谷にいなかった私は、渋谷で何もせず安穏と暮らすわけにはいかないのです。

ニューヨークツアーが決まってから浮かぶイメージは、渋谷の空にぽつんと浮かぶ小さな扉。扉を開けて、96969が入っていきます。そこは可能性に満ちた、広く明るい未来。「風はつくれるじゃないですか。走ればいいんですよ」(春謡漁介作「ランドリーシンドローム」より)。

96969は走るでしょう。ニューヨークで。全力で。

月曜に発つので、パフォーマンスは火曜からになると思います。また報告します。

 



ニューヨーク?と思った、東京。

車をぶつけた。でも、昨日直ってきた。保険使ったんで出費なし。差し入れ買って、おつりを忘れた。でも、戻ってきた(ひとつ前ブログ参照)。鍵をなくした。どこにもない・・・。

実に注意力散漫な日々を送っている。何故かと言えば、いま劇団5454が旗揚げ公演中だからだ。あれやこれやと気にかかる。「りんだって、あれこれやってて凄い!」という巷の評価がいかに的をとらえていないかを物語っている。お恥ずかしい限りだ。

そう。いろんな事は確かにやってる。だがその実、怠け者だ。だからこそ、自分がリスクを負って会社を創る。

「そういう事って、わかんない。儲けたいから会社創るんじゃないの?自分ばっかりお金出して、ソンしたらどうすんの?」。そりゃそうだ。会社の社長なんて、逆ピラミッドの一番下。両手広げて上を支えているだけ。足腰疲れる?そうかも。じゃ、なんで会社やんの?

「なんで?え?楽しいから。え?それに理由いる?楽しいとこにいたいの。おしゃべりが好きなの」

「ランドリーシンドローム」で水無月が言う。そう、そんな感じもある。会社はひとりじゃできない。お金で買えない人たちがそこにいる。人は買えないが和(環)は創れる、お金があれば。環の中で、みんなが暮らせる。家族で仲良く。

奇しくも(なのか?)「ランドリーシンドローム」の光介は現在の私のパートナーと酷似している。家事をやらない、といつも私に文句を言われ、最近やるようになった。しかし、とんでもない干し方。

「あれじゃ、まるで仕掛けですよ。おなかを空かせたトラが来ますよ」(光介の同棲相手、果歩のセリフ。「ランドリーシンドローム」より)

爆笑。春謡漁介(以下、春漁)うまい。

「果歩って小さい頃からしっかりしてて、だからちょっとわがままで、長くつきあってくれる人がいないのね」(果歩の姉、咲子)

え?私のこと?w

「高島さん。少し感謝したほうがいいよ」(ボシ)

ほんとだよねー。ごめんなさい!

そんな「あるある」が、この芝居にはある。



人に心を閉ざすことなど朝飯前の私が「それじゃいかん!」と生きてこられたのは、人を怖がらず、何があっても己を不幸と言わない、わが息子の存在があったからだ。息子は幼い頃から独特の言葉で私を幸せへと導いてくれた。

「パパ(と言って、パパを見る)。楽しもう(と促す)」
「ママ(と言って、私を見る)。楽しもう(とう促す)」

ご馳走を前に、箸もつけずつまらない諍(いさか)いをする私と夫。黙ってお料理を食べていた息子が何かを決心し、選んだ行動と言葉。

「あ・・・ごめんね、漁ちゃん」と、先に謝るのはいつだって夫だった。(いい役とりやがって・・・)先を越された私は常に夫にそう思うのだが、口喧嘩で夫に勝ったところで、目を見て訴える息子には勝てない。

「そうだね、楽しもう!ごめんね・・・漁ちゃん」。

「美味しいね?パパ。美味しいね?ママ」

笑顔になる。

**

そんな息子25歳。劇団5454旗揚げ。私の注意力、すべて中野HOPEへ。

「『ランドリーシンドローム』は、人と人との関係性のことだから。それを書くから」と言っていた。最初は何を言ってるんだろう?と思った。「つまりそこ、イコールだから。人と人との関係性が『ランドリーシンドローム』だから」。さっぱりわからなかった。「洗濯機が回ることが関係性?」「いや違う、それに夢中になること」「依存のメタファってこと?」「そういう抽象的なことじゃない」。

プレビューを入れて10回観た。光介と果歩、果歩と咲子、咲子と宏明、宏明と果歩、後輩と光介、光介と宏明。会社と自分。恋人と自分。家族と自分。対する者が異なれば、自分のあるべき姿が変わっていく。関係性の中にしか存在しない自分。最も稀少で大切な自分はどこにいる?10回観た。「あるある!」と思いながら、あっと言う間の95分。春漁の声が聞こえる。

「アイデンティティは関係性で変化するものだ、それはシンドロームなんだ」



「ランドリーシンドローム」
いよいよ後4回。今日は完売なので、後3回。

ヤッホー時代はファンタジーを書いてきた男である。「頭の中が花畑野郎」と、同級生に言われたと己を嘲笑していたこともある。ヤッホーからランドリーになって、メッセージが変わったようだ。

「おとぎ話の中に自分がいる?
夢はおとぎ話の中だけにあるわけじゃなくない?」

たぶん、こんな感じに。

 

おつり

31日から、春謡漁介略して春漁の劇団ランドリーが本番中。初日はお祝いなので、歌舞伎座前の辨松(べんまつ)のお赤飯を楽屋に入れた。翌日はお手軽なところで、松屋みたいなガスト(中野駅近く)にて「鶏の立田揚げ丼・お持ち帰り特別価格280円」を差し入れすることにした。

20枚もの食券を買うのは初めてなので、まず千円を入れた。すぐ後ろで兄(本物)が指導に入る。

「まとめ買いをするから、お金をもっと入れて。で、ソコ、5枚を押して。はい、じゃ次、上の丼グループの二番目、そう!ソコ押して」

言われるままに1万円札を投入&完全に兄のロボット化する私の右手人差し指。食券は兄の手を経て、外国人店員に渡された。

「何分くらいかかりますか?15分?わかりました。では20分後にいたしましょう」

現在無職の兄である。持ちぐされとなっているスキルでなめらかなビジネストーク。2件となりのモスバーガーでお茶しつつ待とう、ということになった。私はカフェラテを買うため列に並んだ。

「〇〇円のお返しでございますー」
ぼーっと順番待ちをする私の耳に店員の声。

(あっ!!おつり取るの忘れた!)

兄は私におつりボタンを押せと言わなかった。なんてだめな兄貴だ(ロボットなので、自分は悪くない)。列を抜け、大急ぎでガストに戻る。ガーっと開いたドアのすぐ左、食券自販機の前の男がふたり立っている。

「あのう・・・おつりを取るのを忘れてしまって・・・」

振り返る男たち。

「えっと・・・ぼくらの前に、ヒトがいたので・・・」

男たちと私はゆっくりと視線をカウンターに向けた。一番手前に座っていたリリー・フランキー風の男と目が合った。男はおずおずとポケットから財布を出し、よぼよぼとした指先(爺さんではない)で5千円札を抜いた。そしてその札を私にそっと差し出した。私は、あ、そう、「やった」のはあなたなのですね、そう、そうですか・・・という感じで、視線をそらさず受け取った。

「いくら入れたんですか?」

私の視線はお店の人に移った。

「いちまんいっせんえんです」

「では、おつりは五千四百円ですね」

お店の人は誰も見ないでそう言った。

私とフランキーはまた見つめあった。と、思ったそのすぐ後、 彼は二つ折り財布の小銭ポケットをあけ、追加400円、を私に差し出した。

「あ・・・ありがとうございます」

と言って受け取る私。

店を出た。

(犯人・・・)

と心がつぶやいた。

(犯人に礼を言ってしまった・・・)

モスに戻って兄にそれを話した。お礼を言ったの?と笑われ、なんとなく「いい話」ということになった。が、正直いい話でもなんでもない・笑 私たち兄妹がだまされ大金を失った人生であるのも無理はないと自覚し、注意しあうべきが当然の、観劇前の事件なのであった。
(笑ってね!)




そんな私は劇場で物販担当中。おつりはちゃんとお渡しします!

面白いので観に来てください。
劇団ランドリー公演中。中野・劇場ホープにて9月9日まで。

ご予約は
090-7814-1303/pu4484@gmail.com (担当:金子)
りんだブログ見たよ、と言って(書いて)くださいね!

公演日程と詳細はこちらからドゾ→ http://4484.jp

Facebookがお手軽なもので、ついついブログをさぼってしまいます。Facebookの情報はほとんど公開にしておりますので、もしよろしければ、このページ向かって右のfマークから飛んでみてください。

実は今日からイベントです。何をやるのか、というとお洋服のセールと展示会なのですが、なぜりんだがそんなことを?と問われますれば、以下のようなご挨拶をまず、ということになります。

*****

広告制作会社(株)バンパーを設立し、今年で20年目を迎えることができました。
(株)バンパーの代表取締役でありつつ(株)ピーチ・ジョン取締役として皆様にお世話になっておりました2年前の日々もつい昨日のようでございます。本日私がこのように健やかでいられますのも、皆様のおかげと、心より感謝しております。

2010年(株)ピーチ・ジョン取締役を退任し(株)バンパーでのクリエイティヴに注力してまいりましたが、この度、新たに(株)L.LovesR.(エルラブズアール)を設立し、新事業に取り組むことにいたしました。

L.LovesR.という名前は過去(株)バンパーの業態のひとつであるネイルサロン(目白・渋谷)名にも使っておりました。
2010年の閉店に至るまで皆様にご愛顧いただき、重ねて感謝申し上げます。

L.LovesR.は本年7月に所在を元(株)リフレックス(港区・代表取締役今泉恵子)に仮置きし、営業をスタートいたしました。役員は私の他、今泉恵子(DJ/今泉圭姫子)、佐藤漁介(PU四方八方&劇団ランドリー主宰・脚本家/春謡漁介)の2名と古木勝紀(バンパー取締役・AD)を監査役としております。

来月には社屋を渋谷に移し、ライブカフェ経営、ラジオ番組制作など、エンターティメントな活動をさせていただく予定です。そしてまた、(株)バンパーも今まで以上に広告・演劇制作に精進させていただく所存です。両社共々、今後も変わらぬおつきあいのほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、本格的な活動スタートにはまだまだお時間をいただくL.LovesR.でございますが、まずは(株)インロック(本社/愛知県瀬戸市、代表取締役加藤有子 敬称略)の取り扱いアパレル展示会とプレス代行を承りました。
本日(8日)がクリアランスセール、明日(9日)明後日(10日)が展示会となります。

展示会日程は、以下となります。ご多忙とは存じますが、皆様のお運び、心よりお待ちしております。

INROCK展示会@レンタルスペースさくら
渋谷区千駄ヶ谷3-54-8 1F
8/9 11:00ー19:00
8/10 11:00ー17:30
展示ブランド/アビィドーン、アイアンフィスト

INROCKクリアランスセール@レンタルスペースさくら
渋谷区千駄ヶ谷3-54-8 1F ※展示会と同じ場所にて、一日前に行います。
8/8 11:00ー19:00
アビィドーン、アイアンフィスト、ロックTシャツ等

協力 (株)サンワードコミュケーションズ
(株)バンパー
PU四方八方

協賛 (株)エスエスケイ・オーガニクス
(株)L.LovesR.

※3日間すべて、お名刺でご入場いただけます。少々ですがメンズラインもございます。ささやかではございますがノベルティ(インロック社取り扱い商品一点、アヴリルカレンダー、ローズウォーターなど)をご用意いたしました。

 





 

ということで、まだまだ働く気になっている私です。ブログはさぼりがちですが、忘れないでください!(虫のいい話)。上記イベントには三日間会場におりますので、ぜひ遊びに来てくださいね。お問い合わせは、Contact meからお気軽に!

 

 

 

 


PU四方八方&劇団5454主宰、脚本家、で私の息子である春謡漁介。面白いもの創るので、自分のコで嬉しいです。次の公演チケット、今日から発売です。今回は漁介自身も芝居をするとのこと。いつもに増して楽しみです。お時間ございましたら、よろしくお願いします。

漁介ブログのリンクを貼りますが、私のホームからコンタクトくださってもチケットのご用意させていただけます。ついでに「りんだブログ、さぼりぎみですね。コラ!」とか、書いてくださってもかまいませんし。

漁介ブログです。このページ中にチケット予約フォームがあります。

あじさいの花の下で


あなたの好きな 小雨に濡れてる
あじさいの花

過ぎた日のあなたの愛を
たぐり寄せて

花びらをむしりとって
私の中のあなたに

投げつけたいの
投げつけたい

(あじさいの花の下で/佐藤公彦)



この歌の「あなたの好きな」は、雨なのか、紫陽花なのか。「花びらをむしりとって投げつけたい」で、紫陽花だとわかる。忘れたくても忘れることのできない、心にずっーと住んでいる人。愛しくて、切なくて、その人の好きなものをわしづかみにして投げつけて、いっそもう一度嫌われてしまいたい衝動。そんなところだろうか。心から出て行って!と、泣きながら花を投げる。投げるものが花。その人の好きな花。なんとも胸のつまる歌。

紫陽花を見に鎌倉に行った。たくさんの様々な紫陽花を夢中で撮っていると、目の前に昔大好きだったフォトグラファーが立っていた。「大好きな」と言ってもそれは、恋愛ではなく、彼の作品に取り組む真摯で紳士な姿勢と、穏やかな笑顔だった。紫色の背景が赤に転んでしまうことを、共に嘆いた人。奇遇にも今、美しい紫色の花にお互いカメラを向けている。声をかけると、さっき私の声を聞いたと言う。声の方を見たが、そこには違う人がいた、と。「でもやっぱりいた!ひさしぶりですね!」。

過去と今と未来がひとつになったような瞬間。嬉しくて嬉しくて、私は自分のカメラを渡した。そして、私(と友達)を撮ってもらった。私のカメラは彼の大きな手の中ではとても小さくて、それがなんだかくすぐったかった。

作品を持つ人に抱く、恋にも似た想い。
いくつもいくつも、いつになっても、いつまでも。
紫陽花はそんな想いの固まりのように思える。

Party!

バースディイヴにパーティをしてもらったのデス(なぜか、カウントダウンの乾杯はなかったンですけど。あはははーーーっ!)。嬉しい楽しい写真がいっぱいで、どれを選んでよいのかわからないという素敵な悩み中。FaceBookにもあれこれアルバムにしてあります。よかったら見てね!



毎年毎年、素敵なケーキをねぇ・・・後輩たちが作ってくれるんですよ・・・涙ですよぅ。。。



ケーキになってるりんだちゃんを産んだのはこのお方。おおたうにちゃん。作家さんなのに、この日はずっーと私の担当さん♡



私から産まれたのはこの方。PU四方八方&劇団5454(ランドリー)主宰・脚本家・春謡漁介氏。



イトウ君デザインの今年のりんだちゃんポスターwith二人のこりんだちゃん。



何かに夢中になっている様子の大人3人。



スターが歌っていた模様(一緒にピースをなさっておりまする)。



いやー凄い。私の人生には可愛い人しかいない・・・♡(みんなありがとう!)



今回のお気に入りフォト!キモくていいわ〜

Lucas Night!

チャド・マイケル・マーレイ演じるところのルーカス・スコットは、私の「ボーイフレンドにしたい男No.1」。バスケを通じて(だけではないが)大人になって行くアメリカの青春ドラマ「one tree hill」の主役。ルーカスへの恋の病・・・なんとそれは「友達がルーカスに見える!」という合併症まで引き起こすものだった(事件!)。

・・・ということを友達本人に話したら(話すのよ!私はw)やりましたねぇ、彼は。なんと!バースディディナーに、ルーカスと同じ髪の色で登場。しかも、お花を持ってるーー!&白のコンバース(ハイカット)履いてるーー!服だって超私好みオザケンVer.今夜はブギーバック♪クールな僕はまるでヤング・アメリカーン♪ですよ。すっごいサプライズ!Grateful Day(s)!Dragon Ash ♪Thank you father, mother(him!) and my friend〜〜year〜♪ですよー。

では、タイトル「one tree hill」でまして
ギャビン・デグロウ「I Don’t Want To Be 」からの、ドラマスタートです!

※ペイトン→リンダ


「おめでとうリンダ!」ルーカスはなぜか超ネイティブな日本語でこれを私に♡


リンダ(Linda)&ルーカス(Lucas)だから?レストランのイニシャルもL。ツリーヒル@ノースカロライナからタクシーでビバリーヒルズ@カリフォルニアへ。Lawry’s(※@赤坂)


バースディプレートにも花束。何を祈ったか?それはもちろんレイヴンズの優勝とルーカスとの結婚@ラスベガス!


ルーカスが優し過ぎて、浮気をしてしまう愚かな一瞬も。ドラマチッーーーク!


そして、ここはルーカスの部屋。外したアクセたち。ルーカスからはこのエメラルドを・・・♡(なわけはない)

 

 



こちら、チャド・マイケル・マーレイ。反論は私に。間違っても絶対、友達本人にはしないでねw

ホントの「one tree hill」シーズン⑥予告編はこちら

オリーブ少女


写真は尊敬する後輩カワカツである。着ているシャツは、6〜7年前に私がビームスで購入したイーリー・キシモト×エレッセ。ボタンがテニスボール&ラケットのプリントが最高すぎてサイズが合いもしないのに買い、結局こうしてカワカツの物になっている。持っているバッグはズッカ。これも昔、私がカワカツに買ってきたものだ(私は赤を持っていた)。

カワカツは今日このいでたちで出勤し、「佐藤さんにいただきし物たちです」と、私を喜ばせてくれた。「なんかオリーブみたい」と私は今日のカワカツを評した。オリーブは黒い髪をだんごに結んでいて、ショートフラッパーのカワカツとは違うのだが、妙にかぶる。あ、そうか!私はハタと気がついた。「そういえばキミ、オリーブ少女だったもんね!」オリーブ少女が歳を積み、少女が取れてオリーブになった。マイペースを継続する彼女のスタイルは、ココ・シャネルの名言を思い出させる。

下品な服装は服だけが目につき、
上品な服装は人物を引き立たせる。

 

※オリーブ少女=雑誌『オリーブ』(Olive/マガジンハウス。1982年(昭和57年)創刊、2003年(平成15年)休刊。リセ=フランスの女子学生などのライフスタイルを提示、中高生を含むティーン向けの文化をキャッチし発信する都会的少女文化雑誌)を愛読(教科)書とし、「ガーリー」をキーワードにしたライフスタイルを楽しむ。
何を隠そう私もそうでした。創刊時24歳、コピーライターになる直前グラフィックデザイナーです。少女ではないですけど、オリーブは毎号買ってました。泉麻人さんがオカシ屋ケン太って名前で書いてるコラムの大ファンでしたね。31でチョコミント食べる女の子は人より半袖になる時期が早い、とか、スキー場のリフトで食べるべきものは不二家のソフトエクレア、しかもバニラである、とか。最高でした。なんでそういう名前なのかわかんない、トニックヘアってのやってましたね。カルフォルニアのヴァレイ地区を特集した号は実に素晴らしく、できるならもう一度見たいです。今の女たちがみな何歳になっても女子(ガーリー)なのは、オリーブがあったからですよね。絶対。

 



息子・漁介バースディは私が母になった記念日でもあるので、豪華ディナー絶対!ということになっている。漁介は鉄板焼きを所望することが多いが、今年は私の希望で恵比寿・レストランヒロミチ。「昨年度ミシュランひとつ星。古典だけにとらわれず、各地方の美味しい素材と、日本ならではの調理法を駆使」の気になるお店。漁介四半世紀生存記念ですし、せっかくなのでメニューはシェフにお任せしました。



グリーンオリーブとハイビスカスのマリネ。過去ハイビスカスはお茶どまり。食べたのは初めて。この色ってナチュラルだよね?ビーツの代わりにボルシチに使える!(ローカーボメニュー作りに余念のない女なう)



乾杯はシャンパンとフローズンストロベリーのカクテル。甘くて冷たくて今の季節にぴったり。この後、ローヌ(赤)とボルドー(赤)をグラスで各1杯いただきました。シャンパンカクテルは日々異なるご様子。



ひとつめのパン。バターの上に乗っているのは竹炭(塩?)ローカーボ中なので、お隣の人にあげました。



アミューズグール。手前から豚肉のリエットとキャロットラペ、水ダコとグリーンアスパラのカクテル生海苔風味、くるみとブルーチーズのグシュール。早速でました、生海苔風味!「日本ならでは」ですね。



冷たい前菜。蒸しアワビと白アスパラガスを白アスパラガスのヴルーテと共に。アワビが柔らかく、白アスパラがシャキッ。その逆に遭遇することのほうが多いので、嬉しい。ソースは実に私好みのサラサラクリーム系。ホタルイカはやっぱりだめだった・・・人生全敗食材。



温かい前菜。ランド産鴨フォアグラのボアレ、いちごのリゾット添え。フォアグラには果実の甘みがほぼお約束。だがしかし、甘いリゾットとは!しかもイチゴ!斬新です。



本日の特選魚料理。長崎産タチウオのムニエル、甲殻類のソースとすだちの香り。漁介曰く「タチウオとウニを一緒に食べた時のこの美味しさがわからないハハは不幸」。ウニと私は相思相愛!タチウオが私に食べられたくないだけなのよ?



お口直し。うちわサボテンとライムのグラニテ。



ハート型のパン。



スペード型の黒トリュフ。別料金にて、メインにスライス。



「記念日です!全員のお皿にお願いします!」ということで、たっぷりとスライスしてくださってます。



本日の特選肉料理。シャラン産ビジュの骨付き鴨肉のロースト、採れたてヤングコーンと八角の香る赤ワインソース。ちょうど良い量!完食!



感性のもう一皿。鴨のコンソメ、ディル風味。小さなガラスのカップに胸きゅん。


アヴァン・デザート。白アスパラガスのアイスクリーム。美味!!!!!


デザート。しっとりチョコレートムースと抹茶ラテ、マダガスカルヴァニラのアイスクリーム添え。


バースディボーイには、メッセージ入りのクッキーを焼いて、付けてくださった。



食後のお飲物。私は紅茶です。



食後の小菓子。生・塩キャラメル、ババナチョコ、ラヴィオリきなこ。


シェフ小玉弘道さんはテディベア系男子!漁介は新着のSR’ESでアメキャジ!(キュートなアメリカンカジュアルの意。たぶん、りんだ語)

« Newer Posts - Older Posts »